知っておきたい不動産情報

不動産投資のデメリット

不動産投資のデメリット 昨今、マンションや一戸建て、駐車場などを購入して他人に貸す不動産投資の人気が高まっていますが、投資をはじめる前に知っておかなければいけないのが不動産投資のデメリットです。
まず一番に考えられるのが、投資というのは必ず上手くいくというわけではないことです。
例えば、賃貸物件にする場合、入居者が少なく空き家状態となってしまうリスクや入居者が賃料を払ってくれない、物件内で事故が起きてしまうといったリスクが起こりえます。
また購入した不動産自体に欠陥がある可能性や地震や火事などの災害に遭ってしまうリスクも考えられるでしょう。
他にも不動産の価値は国内の経済状況などによって大きく変動するため、安定した資産価値を維持することが難しかったり、現金が必要になった時にすぐに現金化できないというデメリットがあります。
こうしたリスクやデメリットを事前に考えた上で対応策をとっておかなければ、当初、考えていたような利益を得ることができず、赤字となってしまうことでしょう さらに投資が上手くいったとしても、そこで得た利益は課税対象となりますので、利回りがどんなによくても実際の利益は半分程度となってしまうことも知っておかなければいけません。
このように魅力的な投資にはデメリットもあるため、始める前にはリスク軽減策を講じておくことが必要なのです。

不動産の保有によるリスクはある?

不動産の保有によるリスクはある? 不動産の保有していると、税金がかかります。
土地や建物の保有では、固定資産税は必ずかかり、場合によっては都市計画税もかかってきます。
固定資産税や都市計画税には軽減措置がありますので、一定の条件を満たすことで大きく税金が節約できることがあります。
住宅が建っていれば、200平米までの部分は、土地の評価額を3分の1もしくは6分の1にできるという軽減措置などがあります。
建物には経年劣化の問題がありますので、築年数が経過するほど価値が下がっていくというリスクもあります。
また、古い建物になるほど修繕費などのメンテナンス費用が高額になります。
建物を利用しないまま放置していると、劣化が激しくなり、価値がどんどん下がっていくというリスクがあります。
土地の場合には劣化という問題がありませんが、人口が減少しているエリアなどでは需要が減り、価値が下がることもあります。
まとめると、不動産の保有によるリスクとしては、税金がかかるということと、価値が減少してしまうという2つが代表的です。
他にも、火災や地震によって建物が崩壊してしまうというリスクなどもあります。
利用をしていない不動産はなるべく早い段階で売ってしまうのが良いでしょう。

不動産関連オススメリンク

金町や亀有、柴又、京成高砂エリアの不動産

金町にある不動産