不動産投資はインカムゲインが魅力

不動産投資はインカムゲインが魅力

不動産投資はインカムゲインが魅力 投資の収益には、保有している間継続的に得られるインカムゲインと、手放すことで一時に得られるキャピタルゲインがあります。
不動産投資の場合、インカムゲインは家賃収入、キャピタルゲインは売却益がこれにあたります。
ほかにインカムゲインの代表例は、預貯金の利子や株式の配当がありますが、長引く低金利で、莫大な元金がない限り収入としては多くを期待できません。
不動産投資の家賃収入は、月額数万円から時には10万円単位の収入が毎月見込めるので、高齢化社会の公的年金を補う私的年金として魅力的です。
賃貸経営というと多額の初期投資が必要と躊躇しがちですが、不動産の資産価値を担保に借入をすれば、低金利の恩恵を受けながら毎月の家賃収入を返済に充てることで、少ない自己資金でも不動産投資を始めることができます。
借入がある間は毎月の家賃収入は手元に残りませんが自己資金からの返済負担も少なくて済み、返済が終われば名実ともに自分の財産となって、毎月の収入も手元に残って老後の安心につながります。

不動産投資を成功させて早期リタイアした人の共通点

不動産投資を成功させて早期リタイアした人の共通点 不動産投資に成功して早期リタイアした人の共通点は現役時代は地味な職種が多く会社の総務、経理部門で勤務し、決算報告の作成に携わっていた人が多いのです。更に現役時代から不動産関係の勉強をしていました。それも単なる机上の勉強でなく自分で実際に現場に入り中古マンションのリフォーム工事の手伝いをしながら現場の作業を覚えていくやり方です。
中古のマンションを安値で買い、内部をリフォームして賃貸で貸すやり方で工事に関しても自分でも作業に加わり仕上げていくのです。工事代金も安く、賃貸価格も平均並みでマーケットに出せば即成約の連続でした。同じ不動産投資でも派手さは有りませんが堅実で着実に収益を確保出来き、それを積み重ねて成功しました。
早期リタイア後はいわゆる定年のない個人事業を興し未だに着実に売り上げが伸びています。不動産投資には色んな種類が有りますがその道で成功する人は他のサラリーマンと比べて視点が違うのです。