知っておきたい不動産情報

不動産会社に支払う仲介手数料

不動産会社に支払う仲介手数料 不動産会社を利用して賃貸物件を紹介してもらったり、売買したりする場合、仲介手数料を支払うことになります。
この意味とは、その名前の通り、仲介をしてもらったことに対する対価です。
不動産会社が物件の仲介をする場合、それを宣伝する必要がありますし、それをおすすめする必要もあります。
こういった行為については、当然対価が発生します。
仲介手数料は、その対価なのです。
これは、民法上は契約の当事者双方の折半とされていますが、多くは借主や買主負担となることが多いです。
これは、同意を得れば変更をすることができるとなっているからです。
しかし中には、逆に貸主や売主の方が全額を負担するとしている場合もあります。
なかなか借り手が見つからない場合や、速く借り手を見つけたいといった場合に、このようにすることが多いです。
売主の場合も同様です。
このように、仲介手数料は不動産屋に対して支払う仲介に対する謝礼です。
したがって、支払う必要があります。

物件売買で不動産屋が儲かる仕組みとは

物件売買で不動産屋が儲かる仕組みとは 物件売買で不動産屋が儲かる仕組みは、仲介手数料を得ることにあります。
売買は、直接行うのは売主、買主です。
もちろん不動産屋が直接売買をすることもありますが、その数はあまり多くは有りません。
直接売買をする場合は、安く買取をして高く売ることで利益を出します。
仲介手数料は、法令でどのくらい取ることができるのかの上限が定まっていますが、正当な権利として請求をすることができます。
これは、成功をしないと利益になりません。
そのため、業者は積極的に宣伝をして、売買を成立させるように努力をします。
この手数料は、原則は買主、売主が半分ずつ負担をするように法律の仕組みはなっていますが、買主が全額を負担するという取り決めにしていることが多いです。
これは、承諾があれば変更できるとされているからです。
ただし、なかなか売れないような物件では、売主の方がこの手数料を全額負担するとしている場合もあります。
つまりケースバイケースです。